IT夢コン2015はすべてのプログラムを終了しました。
ご参加いただいた皆様に感謝いたします。
最終審査会の結果は結果発表からご覧いただけます。
最終審査会の模様は写真・ビデオからご覧いただけます。


IT夢コンは、全国の中学生・高校生・高専生(3年生以下)を対象に、IT(情報技術)で実現できる未来の社会や新たなサービスなどに関する「夢」を語ってもらうコンテストです。コンテストを通して、中学生・高校生・高専生のITに対する理解や興味を高め、創造力・問題発見能力・コミュニケーション能力を高めることを目的とします。

お知らせ


今年の特徴

今年はここが違います! 【その1】3つのテーマがあります

IT夢コン2015では、以下の3テーマを設け、みなさんからのITに関する夢を募集します。
  • ITで解決する社会の問題
  • ITを活かした未来の〇〇
  • ITで盛り上げる東京オリンピック
ニュースを見て気になっている社会の問題、普段から考えている、今よりももっと便利で、楽しい“もの”やサービス。この際、それらについて、よく調べ、IT技術をどのように使えるか考えてみませんか。5年後に迫ったオリンピックを盛り上げるITの活用方法についても、あっと驚く夢をお待ちしております。詳細は募集テーマのページをご覧ください。

今年はここが違います! 【その2】新しい賞を追加します

従来の賞に加えて、新しい2つの賞を追加します。
  • ピア賞(仮称)
  • ジャンプ賞(仮称)
ピア賞(仮称)は、みなさんが審査員となって、同じ大会に参加した他のチームの仲間(ピア)の中からよい作品を選ぶ賞です。書類選考の結果、準決勝に進出した作品の中から、参加の皆さんが、「これ、面白い!」と思ったものを投票によって選びます。皆さんの作品はポスター展示によって見られるようにする予定です。

ジャンプ賞(仮称)は、皆さんが、このコンテストに参加して学んだことを作文にして応募してもらい、それを表彰する賞です。皆さんには、応募することを通しての学び(ホップ)、書類審査を通過して準決勝や決勝戦でプレゼンテーションをすることを通しての学び(ステップ)、そして、それらを通しての学んだことを振り返ることによる学び(ジャンプ)を体験していただきたいと思います。応募の対象者は、書類選考を通過し、準決勝まで進出した参加者です。実施方法は、現在検討中ですので、詳細についてはもう少しお待ちください。

今年はここが違います!【その3】ポスターセッションを開催します

準決勝に進出した全作品を一堂に集めたポスターセッションを開催します。

今までは、最終選考会に進んでも、準決勝で一緒になった他の作品と、決勝に進んだ作品しか説明を聞くことができませんでしたが、今年は、全チームの作品の説明を聞くことができます。また、他のチームの皆さんの意見を聞くことで、自分たちのアイディアに磨きをかけることもできるでしょう。参加者同士の交流の場としても役立ててもらいたいと思います。生徒同士の交流に加えて、指導教員間の情報交換の場も設けられないか検討中です。

これら、新たに設けた賞によって、従来の審査員による最優秀賞以外にも、参加者同士ですぐれた作品を選ぶピア賞、よりよい創造力に関する学びの振り返りができたチームあるいは、個人に贈るジャンプ賞ができました。是非とも、三冠王を狙って、皆さんの夢を応募してください。

リーフレット・ポスター

リーフレットとポスターのファイルです。

主催・協賛・後援

主催: 神奈川工科大学
協賛: 神奈川新聞社電子情報通信学会情報処理学会
後援: 神奈川県教育委員会厚木市教育委員会横浜市教育委員会
川崎市教育委員会相模原市市教育委員会神奈川県高等学校文化連盟神奈川県私立中学高等学校協会NTTサービスイノベーション総合研究所